美しいものをさがす旅。 旅は日常。日常のあれこれ
by yoo.akira
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
<   2004年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
三徳山5
a0032340_45141.jpg
目的地。これが「投入堂」です。
崖にへばりついて建っているのですが、この建物はホウリキで投げ入れられたという伝説があるそうです。もちろん名前の由来もそこから。
あ、ちなみにこれ以上近ずけないくらいの崖です。どうやったらあそこまで行けるんだろうなぁと考えてしまうくらいの崖です。命をかけないと行けないですね。

この横顔が素敵です。ツンとした感じ。余裕あるよって感じ。が。



当然道くらいはあるだろうと思っていたのですが、現実は道なき道といった感じ。樹の根に体をあずけ、ちょっとしたクライマー気分。(不謹慎ですが)スリルと絶景をお望みの方はぜひ一度どうぞ。

三徳山本坊三仏寺
住所:鳥取県東伯郡三朝町三徳
アクセス:JR山陰本線倉吉駅から三徳山まではバスで約40分。バスの本数が少ないので注意です。
HP:http://www5d.biglobe.ne.jp/~mitoku/

2006年だったかな?世界遺産に登録申請するそうです。町としては観光収入が増えて万々歳でしょうが、お寺の方は山が荒れてしまうと嘆いておられました。美しいものを後世に残す為の世界遺産のはずなのですが。
[PR]
by yoo.akira | 2004-06-30 23:02 | 旅から。三徳山:鳥取
三徳山4
a0032340_508.jpg
で、こちらが文殊堂上から。
下はもちろん崖ですよ。

ちなみにここで年の頃が同じくらいの女の子に声をかけられました。おいおい、こんなところでギャクナンかぁ。とか思ったらシャッターを押してくだいとのこと。なぜかこの手の声をよくかけられるんですよね。顔に書いてあるのでしょうか。「シャッター押すよ」とか。ついでに僕も記念写真を撮ってもらったのですが、予想以上に腰が引けていて恥ずかしい。彼女はファインダー越しにこれを見てたわけだ。さらに恥ずかしい。
ちなみにこの回廊の幅は1メートルないです。恐いんですよ、ホント。。
[PR]
by yoo.akira | 2004-06-30 22:56 | 旅から。三徳山:鳥取
三徳山3
a0032340_22433.jpg投入堂までの道の途中にある文殊堂の下から
清水寺を連想しますか?
いや、迫力が違いますよ〜
[PR]
by yoo.akira | 2004-06-30 22:44 | 旅から。三徳山:鳥取
三徳山2
a0032340_22265.jpg
こちらは登山道を撮った一枚。当然道くらいはあるだろうと思っていたのですが、現実は道なき道といった感じ。樹の根に体をあずけ、ちょっとしたクライマー気分。(不謹慎ですが)幸いというか僕は若いので、楽しく登っていましたが、途中で「もうおりる」というおじいさんに遭遇。でも彼もちゃんと登りきりましたよ。実は比較的登りやすい道も探せばあるのです。あくまで比較的ですが。
[PR]
by yoo.akira | 2004-06-30 22:27 | 旅から。三徳山:鳥取
三徳山本坊三仏寺1
a0032340_221929.jpg
去年の夏でした。
どうしても「投入堂」が見たくて三徳山に行ってきました。
写真のお地蔵さんは登山口に入る前に撮った一枚。
あまりにも可愛らしかったので、思わずパシャリ。
嵐の前の静けさといったところでしょうか。
[PR]
by yoo.akira | 2004-06-30 22:20 | 旅から。三徳山:鳥取
自己紹介がてら投入堂
a0032340_23739.jpg好きなこと:目の保養
嫌いなこと:冷凍輸入物のアンチテーゼ
画家:パブロ・ピカソ
デザイナー:イサム・ノグチ
椅子:アルミナム・グループ
写真家:土門拳
庭園家:重森三玲
漫画;花男
ダンス:H Art Chaos
映画:アマデウス
音楽:好き
お酒:ベルギービール
食べ物:エビ
本:痴人の愛
旅:日本
外国:スペイン
海→飛び込む
山→山菜→お酒
川→河童
スポーツ:テニス
職業:学生(ケンチク)
歳:20代中頃
性別:オトコ

いくつになっても自己紹介って苦手です。
けっこう自分でも自分って分からないものなんですよね。僕だけかな?
そういう訳で、とりあえず思い付いたことを羅列してみました。

ここでは僕の私的な価値観で「好きなもの」だけ取り上げてみようかなと思っています。ま、どうなるかは僕にも分からないけど、続けてみたら何かカタチになるかもしれないし、ならないかもしれないし。多くの人に色んな意見がもらえたらうれしいなぁと思っています。

タイトルは僕の好きな建築家の著書から頂きました。って実はまだ読んでいないのですが(笑)買ったのは何年も前なのですが、旅好きの僕としては読んでみたいけど、読みたくない1冊なのです。理解して頂けるでしょうか?ただタイトルにはかなりの影響を受けていると思いますけど、僕の旅。

写真は僕の理想の人間像です。鳥取の投入堂という建物なのですが、崖の中にくっついているみたいに建っています。ものすごく不安定な建物で、いつ崩れてもおかしくないような格好で何百年もここに建っているそうです。いいですね、この緊張感。きっとこの緊張感が美しさなのかもしれないですね。
[PR]
by yoo.akira | 2004-06-30 03:36 | 自己紹介


リンク
人気blogランキング
「満足」と思った時に
クリックして下さいね。
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
peter north ..
from peter north cu..
cucumber
from cucumber
work at home..
from work at home o..
faucet
from faucet
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
womens speci..
from womens special..
erotic nude ..
from erotic nude ph..
black rose
from black rose
free daily h..
from free daily hor..
saturn
from saturn
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧